失敗しない日焼けを防ぐ方法マニュアル

夏場になると悩みになる紫外線って一体何?

「紫外線カット」・「紫外線対策」よく耳にする言葉だけど、紫外線ってそんなに体に悪いの?これを読めば、これからの紫外線との付き合い方が変わります。

 

紫外線とは、太陽光から放たれる電磁波のこと。

 

太陽光とは、太陽が出す放射エネルギーのことで「日射」と呼ぶことが多い。太陽から放射される物質には、電磁スペクトル・遠赤外線・紫外線の3つが大部分を占めています。そして、紫外線を1つとっても大きく3種類に分かれています。

 

紫外線A波(UV-A)・紫外線B波(UV-B)・紫外線C波(UV-C)紫外線A波は、波長が長いのが特徴で最も多く地表に降り注いでいます。紫外線全体の90パーセントは、このA波の割合が占めています。

 

体への害は少ないですが、天候関係なく一年中降り注ぎ、車のフロントガラスや部屋の窓を突き抜けて入ってきます。害は少ないからと言って浴び続けることは危険です。長年体内に蓄積され、それがシミやシワの原因になると考えられています。

 

紫外線B波は、波長が短いのが特徴で紫外線全体のおよそ10パーセント程度しか地表には到達しません。しかし、このB波は夏場の7・8月の晴れた日に多く降り注ぎ、B波を浴びた肌は火傷のような症状を引き起こします。体への害は大きく、皮膚を炎症させたり、水ぶくれを引き起こしてします厄介な紫外線です。

 

そして、シミやシワ、皮膚癌の原因ともされています。

 

紫外線C波は、地表に到達する前にオゾン層で破壊されるため、直接私達への影響はありません。これらの紫外線、肌を黒く(褐色)する、肌トラブルや病気の原因を作るというデメリットな要素以外にも、私達にとってメリットとなる様々な役割を果たしています。

 

例えば「殺菌効果」洗濯物を日干しすると菌が死滅する。布団を干して除菌。

 

そして「紫外線から体を守る」紫外線が紫外線から守る?って疑問を抱くと思いますが、紫外線を浴びた肌は、体内でメラニンを作り出します。このメラニンが私達の体を紫外線から守ってくれるんです。

 

最後に重要なのが「ビタミンDの吸収」太陽のビタミンと言われている紫外線は、私達の体にビタミンDを送り込んでくれる働きがあります。このビタミンDは、カルシウムの吸収を手助けしてくれるので、歯や骨の健康を維持してくれています。

 

ビタミンDが不足すると、骨粗鬆症やくる病、子供の歯や骨の発育不良を引き起こします。これらの事に基づいて、紫外線は適度に浴びることが私達の健康に良いということがわかりました。注意したいのは、7・8月の夏場の紫外線は避けるということ。

 

紫外線と上手に付き合って、健康を維持しましょう。最近では日焼け止めクリーム以外の紫外線対策グッズとしてサプリメントが登場しました。私もまだ勉強中なのですが下記サイトで市場に出回っている日焼け止めサプリの人気製品がわかりやすく解説されていました。気になっていた方はチェックしてみましょう。

 

日焼け止めサプリランキング-飲む日焼け止めをガチ比較

紫外線を浴びる=活性酸素が増える。正解です。そして、この活性酸素は健康や美容に良くないものというイメージが強いのも事実です。しかし、活性酸素自体は悪者ではないのです。あること自体は健康に良いものとされていますが、増えすぎた場合のみ悪者になります。活性酸素は、活発に酸化させる力を持つ酸素の事。酸化の力が強い利点は、体内の殺菌効果が働くということ。そして、酵素作用を働かせる役割も持っています。そのため、私たちの体は菌に強く健康維持を保てるという事になります。しかし、普段の生活を送っている場合でも常に活性酸素は体内で作られているため、ある要因によってそれ以上に増えてしまった場合は、マイナスな働きをし...
シミって、1つ見つけるとどんどん増えていきますよね…。20代は何にも気にならなかったのに、30歳を過ぎたとたんにシミが目立つようになり、慌てて紫外線対策や美白美容を始められる方は多いと思います。しかし、いくら頑張っても1度出来てしまったシミを消すのはとても困難なこと。しばらく悩まされる結果になってしまいます。一方で、美容ケアや紫外線対策を徹底していないのにも関わらず、シミが目立たない人っていますよね。あの人は何であんなに肌が綺麗なんだろう?って疑問に思ったりします。実は、「シミが出来やすい人」と「シミが出来にくい人」には「ある差」が存在しているのです。その「差」とは「SOD酵素の値の差」です。...
毎年小麦色に日焼けするのに、今年は真っ赤になって皮がめくれただけ…全然焼けなかった…なんて経験ありませんか?一方、日焼け対策なしでも今まで焼けなかったのに、今年は真っ黒!!なんて方もいるはず。この違いや差には「紫外線の種類」が関係しているんです。紫外線の種類は大きく分けて3種類あります。「UV-A」紫外線A波・「UV-B」紫外線B波・「UV-C」紫外線C波「UV-A」の特徴は、波長が長く気候に関係なく地表に降り注ぎます。紫外線全体の90%がこのA波で占めており、体への害は比較的少ないと言われています。しかし、通り抜けてしまう性質を持っているため、部屋や車の窓ガラス越しでも紫外線を多く浴びてしま...
ケチって塗るくらいなら塗らないほうがマシ!!ただ肌に負担をかけるだけです。日焼け止めクリームの消費って結構大きいですよね。しかも、そんなに安いものではないし…毎日使っていたらトータル1年で○万円ってお金を日焼け止めクリームにつぎ込んでいることになります。でも、「もったいないから…」「予算的に数買えないから…」という理由で、ケチって塗るなんてしないでください。ケチって薄く塗った所で日焼け止めの効果はありませんし、ただ肌にダメージを与えているだけなのです。しかも、ケチって塗ることで「まだら日焼け」をしてしまったり、箇所ごとに色の差が出てしまう失敗のリスクも高いです。日焼け止めクリームは、適切な量を...
いざ日焼け止めクリームを買おうとしたときに「どれにしよう?」と悩むことありますよね。だって、種類が多すぎて何が良いのかわからなくなってしまうから!そんな状況で迷わないためにも、日焼け止めクリームの選び方をお教えします。チェックポイント@「使用パーツ」「顔用」「体用」「全身用」の表示を確認します。もちろん顔には顔用を、体には体用を使うことをオススメします。チェックポイントA「SPF値」パッケージに記載されているSPF値を確認します。SPF10〜50までありますが、天候や季節、時間によって使い分けます。チェックポイントB「PA値」パッケージに記載されているPA値を確認します。PA+〜PA++++ま...