SOD酵素の値の差でシミの出来やすさが決まる!?

紫外線によるシミが出来やすい人はSOD酵素に注目!

シミって、1つ見つけるとどんどん増えていきますよね…。20代は何にも気にならなかったのに、30歳を過ぎたとたんにシミが目立つようになり、慌てて紫外線対策や美白美容を始められる方は多いと思います。

 

しかし、いくら頑張っても1度出来てしまったシミを消すのはとても困難なこと。しばらく悩まされる結果になってしまいます。

 

一方で、美容ケアや紫外線対策を徹底していないのにも関わらず、シミが目立たない人っていますよね。あの人は何であんなに肌が綺麗なんだろう?って疑問に思ったりします。実は、「シミが出来やすい人」と「シミが出来にくい人」には「ある差」が存在しているのです。

 

その「差」とは「SOD酵素の値の差」です。

 

SOD酵素とは、体内で増えすぎてしまった活性酸素を除去する働きを持つ酵素の事。活性酸素が増え過ぎるとメラニンの働きが加速し「シミ」や「そばかす」を作り出してしまう、美容には好ましくないものなのです。しかし、SOD酵素の値が高い人は活性酸素を排除することが出来るので「シミ」や「そばかす」になるリスクがとても低いのです。よって、紫外線によるシミが出来やすい人は「SOD酵素」値が低い人ということになります。

 

そして、このSOD酵素の値は遺伝子による影響が大きいです。

 

両親や兄弟など、同じ家計の人にシミが多い傾向ならば、自分もそうなると思った方が良いです。更に、年齢を重ねるごとにSOD酵素値は下がっていきます。元々少ない人でも更に減っていくのが現実なのです。でも、まだ諦めなくても大丈夫!SOD酵素値を増やす事は努力次第で叶います。

 

SOD酵素値を上げる為には、健康的な生活習慣を送ることが一番の近道です。

 

  • 22時〜2時の間はなるべく眠ること。質の良い睡眠に心がけること。
  • 質の良い睡眠をとるためには、適度な運動も行うこと。
  • 栄養バランスが摂れた食事に心がけること。
  • 過度な飲酒や喫煙をしないこと。

 

このような生活習慣に心がけて、SOD酵素の値を増やしていきましょう。