毎年焼け方が違うのはナゼ!?

紫外線の種類による違い

毎年小麦色に日焼けするのに、今年は真っ赤になって皮がめくれただけ…全然焼けなかった…なんて経験ありませんか?

 

一方、日焼け対策なしでも今まで焼けなかったのに、今年は真っ黒!!なんて方もいるはず。

 

この違いや差には「紫外線の種類」が関係しているんです。

 

紫外線の種類は大きく分けて3種類あります。

 

「UV-A」紫外線A波・「UV-B」紫外線B波・「UV-C」紫外線C波

 

「UV-A」の特徴は、波長が長く気候に関係なく地表に降り注ぎます。

 

紫外線全体の90%がこのA波で占めており、体への害は比較的少ないと言われています。

 

しかし、通り抜けてしまう性質を持っているため、部屋や車の窓ガラス越しでも紫外線を多く浴びてしまいます。

 

そして、このA波を浴びた肌は黒く褐色し、体内でメラニンを作り出し私達の体を守る働きをします。

 

「UV-B」の特徴は、波長が短く地表に降る割合は全体の10%程度です。

 

主に7月8月の晴れた日に多く降り注ぎます。

 

A波に比べて有害度はかなり高く、シミやシワ、皮膚癌などの原因になる紫外線です。

 

そして、このB波を浴びた肌は赤く炎症(サンバーン)し、ヒリヒリ・ピリピリとしたヤケドに似た症状が出ます。

 

症状がひどい時には水ぶくれやアザとなって残ることもあります。

 

「UV-C」の特徴は、最も有害な紫外線です。

 

しかし、オゾン層によって吸収されるため、地表には届いてはいません。

 

このように、私達の目には見えない紫外線。どちらの紫外線を浴びているかは定かではありません。

 

キレイに日焼けをするには、夏場の晴れた日の紫外線は避けたほうが良さそうですね。

 

夏休みで海水浴に出掛けるシーズンですが、害が大きいB波が降り注ぐ割合が最も高い時期です。

 

害が少ないからといってA波を浴び続けることも気をつけたいです。

 

一年中降り注ぐ紫外線ですから、長年体に蓄積され続ければ「シミ」や「シワ」の原因になります。

 

紫外線は適度に浴びて、上手な付き合いが大切です。